新着情報

「カーネーション」~市場から信頼される産地常陸野カーネーション組合“を訪ねて

茨城県フラワーパークでは、2/8~2/16、産地のカーネーション色とりどり品種(40種)の展示を行いますので、お楽しみいただけます。

消費者に好まれるカーネーションを生産している常陸野カーネーション組合を訪ねました。45年の歴史をもち、組合員は8名で、10月~翌6月まで、90品種、約210万本のカーネーションを生産しています。花持ち保証を全国に先駆けて取組み、北海道とのリレー出荷やネット販売、オリジナル品種育成など、花業界をリードする取組みを行なっています。

一般的に1輪咲が多いですが、1本に数個の花をつけるスプレー式タイプも人気です。

日本では、キク、バラに次いで生産量の多い花で、切り花の中でも花持ちが抜群によく、人気があります。

母の日に感謝を込めてプレゼントするカーネーションは、日本では明治末期から大正にかけて、母の日のシンボルとしてカーネーションを手渡す風習が広まりましたが、母の日に限らず、大切な人に感謝を込めて、手渡してはいかがでしょうか。

赤やピンクばかりでなく、最近は、白、オレンジ、黄色、紫、グリーンなど様々な色のカーネーションが流通しています。花言葉は、色により異なり、赤が母の愛、ピンクが感謝、白が尊敬。

カーネーション

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは茨城県フラワーパークです。

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

茨城県フラワーパークホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?