IBARAKI FLOWER PARK IBARAKI FLOWER PARK

プライバシーポリシー

2021.1.19

年月とともに表情を変えるエントランスゲートの筑波石

2021年4月、リニューアルオープンする「いばらきフラワーパーク」。
その新しいエントランスゲートに使われる石を確認するために、株式会社石想の石切場まで足を運びました。
東京駅から皇居への地面に真っ直ぐに伸びた稲田石の切り出しも担当されたというこちらの会社。
この石切場で80年ほど石の切り出しを行なっています。
切り出しには、「大ハンマー」と「セリ矢」という道具で割る方法と、「ワイヤー」でフラットに切り出す2種類の方法があるそうです。
エントランスの石積みは、すべて筑波石で積み上げられています。
自然に積み上がったようなイメージで凹凸をつけて積んでいただいています。
職人さんのお気に入りポイントは白めの石。
理由は、筑波石は時間経過で黒くなっていくからだそう。
筑波石が黒くなっていく過程にも注目し、ぜひ見にリニューアルしたフラワーパークに足を運んでみてください。
pagetop